記事詳細

佐藤健の意外な一面に関ジャニメンバーが大爆笑 (1/2ページ)

 9月30日に放送された「関ジャニ∞クロニクル」(フジテレビ系)の人気企画「もひとりおるおる」に俳優の佐藤健(28)がゲスト出演。関ジャニ∞メンバーとともに、プライベートエピソードを語り、番組を盛り上げた。

 「もひとりおるおる」は、自分以外の“もうひとり”だけに共感してもらえそうなエピソードを語り合う共感ゲーム。この日は、関ジャニ∞から渋谷すばる(36)、丸山隆平(33)、安田章大(33)、錦戸亮(32)、大倉忠義(32)が、ゲストで佐藤と歌手の青山テルマ(29)、芸人の藤本敏史(46)が参加した。

 青山がまず「3日連続休みやってなったら、うち、一歩も外出えへんねん」というエピソードを述べ、そこから「休みがあると一歩も外出しない」というお題を提案した。これに大倉と丸山が共感。まったく共感できないといった表情を浮かべた渋谷が「何すんの、家で」と素朴な疑問をぶつけた。青山が「(イスやソファに座ったまま)テレビ見たり、(その体勢のまま)寝たり。起きて『うわ~人生オワタ~』って思いながら(笑)」と語ると、丸山もそれに同調した。

 それに藤本が「(外に)出たらええこともあるかもしれないから、出たほうがいいんじゃない?若いしさ」と提案したが、大倉は「なんかええことあったりします?外出て」と冷めた答え。たまらず「ええことあるで!いっぱいあるよ」(渋谷)、「こんな道あったんや!って(発見があったりする)」(安田)など、メンバーが外出の良さをアピールしたが、大倉には「『こんな道あったんや』で幸せになったことないわ」と響かなかった。

 さらに青山が「外に出ない代わりに出前を頼む」と話すと、藤本は「出前とかで顔見られるのとかはええの?」と素朴な疑問。これに丸山が「見られて『あぁ!?』ってなったことあります」と答えたことで、話題は出前を受けとるときの対応に移った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース