記事詳細

松本人志、平昌冬季五輪地図問題をバッサリ「ほっといたらいい」

 10月1日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、2018年に開催される韓国・平昌冬季五輪の公式サイトに掲載された世界地図に日本列島が表示されていなかった問題について、松本人志(54)が「日本から言う必要ない。ほっといたらいい」とコメントした。

 日本列島の未表示について菅義偉官房長官(68)が「極めて不適切」と抗議し是正を求めると、平昌五輪組織委員会はすぐに謝罪し地図を修正。業者による単純ミスだとしたが、「故意的にやったのでは」との見方もあり、不信感が残る結果となった。

 この日出演していたはるかぜちゃんこと春名風花(16)が「故意的なものかどうかは分からないけど、日本側が感情的になって怒ってしまうとその時点でこちらの負けになってしまう。どんなに小さいケンカでもやられた側はニコニコ笑って受け流したほうが(相手に)ダメージを与えられると思う」と意見を述べた。この言葉に松本も「俺もそう思う」と同調。その上で「もうほっといたほうがいいよ。すぐ言わんでいい。(このまま五輪を迎えて)誰かにもし気付かれたら、マシソヨ~(おいし~い)言うといたらいいんですよ。おいしいおいしい言うといたら。これ逆においしいよって。ほんと日本から言う必要ないと思いました」と冗談を交えながら話し、わざわざ取り合う必要がないことを強調した。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース