記事詳細

【板垣眞理子 LA発 芸能Watch】ガガ、痛みと戦いながらNFLの大舞台でみせたプロ根性 ドキュメンタリーで告白「男にはうんざり」 (1/2ページ)

 ドキュメンタリー「レディー・ガガ:Five Foot Two」(Netflixで配信中)のタイトルにまずひかれた。身長5フィート2インチ(157センチ)は米国ではかなり小柄。弱点とも言える事実を掲げたガガに、吹っ切れた感が漂うからだ。

 本作は今年2月に行われたNFLプロフットボールの優勝決定戦、スーパーボウルのハーフタイム・ショー出演を目前にした彼女の素顔を追う。

 マリブの自宅でくつろぐ30歳の部屋着姿のガガ。スッピンの顔と均整のとれた体が美しい。「男にはうんざり。今は最高にいい気分」と告白するが、俳優のテイラー・キニーと昨年婚約を解消したトラウマや孤独感は隠せない。

 スタジオでは「プロデューサーの多くは『僕がいなければ君は何もできない』と私をバカにしてきた」。フェミニズムの旗手は、女性蔑視の業界批判も忘れない。

 影のように寄り添う父ジョセフさんとは、高級老人ホームに祖母を訪れる。去年発売のアルバム「ジョアン」は、19歳で夭逝した祖母の娘の名。ジョアンに自分を重ね、祖母に歌を聞かせ涙する感動のシーンも。

 自宅でのハーフタイム・ショーの打ち合わせでは、「ガガならこうするだろう、と予測できるような企画はやめよう」と注文を出す。プールサイドではトップレスに。キレイなオッパイ露出は彼女のサービスかも。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース