記事詳細

二階堂ふみ、西郷隆盛の妻役に「たくましく力強い女性を演じたい」

 NHKは3日、鈴木亮平が西郷隆盛役で主演する2018年放送の大河ドラマ「西郷どん」の新たな出演者を発表した。島送りとなった西郷を救い、結婚する愛加那役に二階堂ふみ、西郷の弟、従道役に錦戸亮を起用した。

 出演者はこの他、大久保利通(瑛太)の妻、満寿役にミムラ、江戸幕府13代将軍の徳川家定役に又吉直樹らが決まった。

 着物姿で記者会見に出席した二階堂は「とても光栄な気持ち。緊張しています。たくましく力強い女性を演じたい」と意気込みを話した。 「西郷どん」は、林真理子さんの小説が原作で、脚本は中園ミホさん。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう