記事詳細

SKE須田亜香里が“マネジャーとの初デート”を妄想! ロケ企画にはノブコブ吉村が初参戦! (1/2ページ)

 2日深夜放送の「SKE48むすびのイチバン!」(東海テレビ)に、須田亜香里(25)が出演。番組の新コーナー「妄想おむすび」でマネジャー相手の初デートという状況を妄想し、番組を盛り上げた。

 この日から始まった「妄想おむすび」は、東海地方が誇る食材を使って実際におむすびを作り、それをどんな相手にどんな状況で食べてもらうかを妄想するというもの。相手と状況はカードから選ばれ、初回はマネジャーと初めてのデートという内容に決まった。

 須田は江籠裕奈(17)とともに愛知県・日間賀島のタコを使ったおむすび作りに挑戦。「リュックサックにこのおむすびを詰め込んで、原っぱに行って、2人でこれを食べる!」と妄想しながら調理を進めた。

 告白タイムでは「いつもアイドルの私を支えてくれて、ありがとうございます!」と笑顔を見せた須田。江籠からの問いかけに自身の中で妄想を膨らませながら「今まで一番刺激的(なデート)だったよ」と答え、番組を盛り上げた。

 またこの日のメーン企画「将来有望な金の卵とむすばれたい!」には、SKE48の市野成美(18)、鎌田菜月(21)、末永桜花(15)と平成ノブシコブシの徳井健太(36)が出演。三重県桑名市を訪問し、自転車レースのBMXで世界選手権2位に輝いた瀬古遥加選手(20)のPR動画を撮影した。

 前回の宣言通り、平成ノブシコブシの吉村崇(37)もこの日からロケに参加。現場で一行を「おせーよ!」と迎え入れた。瀬古選手の鍛え上げた太ももを触り、「めっちゃ硬いですよ。(例えると)鉄」と語った市野が瀬古選手から「それは言い過ぎ」とツッコまれる場面もあった。

 瀬古の見事な走りを受け、3人もBMXに挑戦。プッシュプルという体重移動だけで加速する技に挑戦した末永が上級者クラスまで進むパフォーマンスを見せた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース