記事詳細

米倉涼子、代表作は攻めでなく意外や“受け身”? 「シカゴ」の経験で舞台に目覚める (3/3ページ)

 今後、舞台ではどんなことに挑戦したいのか尋ねると、こちらが思わず期待してしまうようなことを聞かせてくれた。その言葉もまた彼女らしい。

 「いまはミュージカルのことで頭がいっぱいですけど…。でも『SISカンパニー』(舞台製作会社・芸能プロダクション)の舞台にはいつか出てみたいです。きっと、そうとう絞られるでしょうね。『ドクターX』のキャストって、SISカンパニーに所属している方も多くて、休憩時間に舞台のことを伺ったり、みんなで踊ったりしているです。そんなとき、『ドクターXの舞台を(六本木の)EXシアターでやりたいねって話をするんです」(zakzak編集部)

■プロフィル

米倉涼子(よねくら・りょうこ) 1975年8月1日生まれ。92年「第6回全日本国民的美少女コンテスト」審査員特別賞受賞。モデルとして活躍後、女優に転身。「松本清張 黒革の手帖」(04年テレビ朝日系)が大ヒット。さらに「ドクターX」シリーズの高視聴率により“視聴率女王”との呼び名も。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース