記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】欲望引き出す癒やしの香り 自分自身にあきれた (2/2ページ)

 自宅に帰り、リビングのテーブルにキャンドルを乗せていざ点火。確かにホッとはしたのですが、私のなかにそれだけでは済まされない新たな欲求が生まれてしまったのです。

 バニラの香り漂う部屋で、ただ座ってぼんやりしていたわけですから、思考が研ぎ澄まされ過ぎて、急に「アイスクリームが食べたい!!」という気持ちが沸き上がってきてしまったのです。

 癒やしの空間でまさかの食欲が生まれてしまうとは何てことだと、自分自身にあきれてしまいました。

 が、バニラ=アイスクリームの思考から逃れられず、結局コンビニへ向かったのでした。

 アイスクリームのカップを片手にキャンドルをフッと消し、バニラの香りも味もどっちも癒やしだと開き直りながらアイスクリームの蓋を開けたのでした。

 ■壇蜜(だん・みつ) 1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身。本名・齋藤支靜加。158センチ、B85・W60・H89。昭和女子大卒。2日からテレビ埼玉「板尾壇(談)」がスタート。本連載などをまとめたエッセー集「壇蜜歳時記」(大和書房)が好評発売中。

 NHKラジオ第2「高校講座 保健体育」(水曜午後8時10分)、文化放送「壇蜜の耳蜜」(月曜午後7時半)に出演している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう