記事詳細

“墓参りの歌”依頼もOKカモン!? 嘉門タツオ21年ぶり首都圏でラジオのレギュラー

 “替え歌”で知られるシンガー・ソングライターの嘉門タツオ(58)が7日から、FMヨコハマで新番組「COME ON!カモン!カモン!」(土曜午後7時30分)をスタートさせる。嘉門といえば、「深夜ラジオ」のイメージが強いが首都圏でのレギュラーは実に21年ぶり。また、名前を嘉門達夫から「タツオ」に変えてからは初のレギュラー番組だ。

 大阪ではレギュラーも多いが、首都圏ではTOKYO FM(JFNネット)の「爆裂スーパーファンタジー」以来。「振り返るとゲスト出演ばかりだったかも」。そんな中、独自の世界を最大限に生かせる番組がスタートすることに。

 「実は横浜はライブもいっぱいやってきたし、考えてみたら、その横浜のラジオで番組がなかったのが不思議だった」。嘉門の日常での好奇心や探究心を生かした内容になるそうで、「IT」から「食」まで幅広く語る。ゲストを招いてのトークや、生ギターでのライブも盛り込んでいく。

 最近は食に関心が高く、最新作のアルバム名も「食のワンダーランド~食べることは生きること」。横浜や中華街は曲づくりのテーマになることが多く、アルバムにも「炎の麻婆豆腐」「崎陽軒シウマイ弁当の歌」「ラーメンの歌」などが収録されているほど。

 「これから歌っていきたい曲はいっぱいあるんですよ。そういった意味でも、今回の番組は大きな刺激になる」とし、「番組内で新曲をいち早く紹介できればいい」と意欲をのぞかせる。

 デビュー35周年を迎えた。60歳を前に「まだまだやり残していることは多い。心機一転頑張っていきたい」として名前をカタカナに変えた。

 「実はお坊さんから“墓参りの歌”を作ってくれないかとも言われているんですよ。ま、墓をテーマにした作品も、面白いかもしれませんよね」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース