記事詳細

本音はもうもめたくない!? 父の財産放棄した長嶋一茂の懐事情 (1/2ページ)

 タレントで野球解説者の長嶋一茂(51)が、出演したテレビ番組で、プロ野球巨人の終身名誉監督である父、茂雄氏(81)の財産について相続を放棄したことを明かした。一茂は、過去に茂雄氏の私物を売却したことが報じられたこともあったが、それでも“長嶋茂雄”が遺すものは手放しがたいはず。そんなことを気にしないのが“一茂”流なのか。

 6日放送されたテレビ東京系「あの人の通帳が見てみたい!」でのこと。MCの東野幸治(50)から、長嶋茂雄氏の財産について問われた一茂は「俺は大丈夫ですよ。だって全部放棄しているもん」と衝撃の告白。そして「そういうので、もめたくないので。きょうだい4人いるのですが、すでに3等分だと言っています」と言い切ったのだ。

 「長嶋茂雄さんは不動産の資産だけで数十億といわれています。何よりも所持品は、それだけでプレミアものになります。そういった意味でも資産は相当なものです」とベテランの芸能ライターはみる。

 それをすべて放棄するというのだから、常人にはちょっと考えがたいところだが、「一茂さんの10年間の現役生活での稼ぎは2億円ちょっと。現在コメンテーターとしてレギュラーや準レギュラー番組を抱えており、ギャラはそこまで高くはないが、それなりの稼ぎは確保している。ただ、過去には茂雄氏の私物を、コレクターに億単位の額で売却したと報じられたこともあります」と前出の芸能ライター。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース