記事詳細

蛭子能収と米倉涼子が路線バスに乗って露天風呂で混浴!? 「ドクターX」第1話で夢の共演が実現! (1/2ページ)

 12日からスタートする新ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)、その第1話に漫画家の蛭子能収(69)が本人役でゲスト出演することが10日、わかった。蛭子はドラマの冒頭で、主演を務める女優の米倉涼子(42)とともにバラエティー番組さながらにローカル路線バスに乗り込み、露天風呂で混浴までするという。

 話題作の記念すべき第1話の出だしをドラマチックに彩る米倉と蛭子の旅。しかも、路線バスを卒業したはずの蛭子が米倉演じる未知子とともに再びローカル路線バスへ乗り込むというのだから、ファンにはたまらない展開だ。上機嫌の蛭子は劇中で「温泉につかる未知子」の絵まで披露。この作品がまたなかなかのインパクトなのだという。

 ドラマの第1話はこのような和やかムードで始まるが、そこからストーリーは急展開を見せる。曲がりくねった峠道を走行している最中に、バスの運転手が意識を失い心肺停止状態に。ほんわかした空気は一変、蛭子も未知子に容赦なく突き飛ばされてしまうなど、事態は一転してハードな路線バスの旅になってしまう。

 米倉は蛭子について「以前、テレビで拝見した笑福亭鶴瓶さんと蛭子さんの即興劇がすっごく面白くて!蛭子さんの反応がどれも想定外で、次に何をしでかすか分からない面白さがあって、見入っちゃったんです」とコメント。そして「そんな蛭子さんらしさは、今回も健在!ピュアな蛭子さんだからこそできる毎回新鮮なお芝居にハラハラしました(笑)」と撮影当時を振り返った。

 未知子の似顔絵についても「シュールな感じで、あまりうれしい顔ではなかったですけど(笑)」としたが、「蛭子さんの絵を初めて生で見られて、すごくうれしかったです!」と声を弾ませた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース