記事詳細

天木じゅん、自慢のIカップは「全部のシーンで楽しめます」

 グラビアアイドル、天木じゅん(21)がこのほど、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で4作目のブルーレイ&DVD「#天乳 #1mmでもいいなと思ったら」(リバプール)の発売イベントを行った。

 1メートル48、B95W57H84のIカップボディーを白の水着に包みイベントに登場。撮影は4月に宮古島で行われ、「初めて行ったんですけど、沖縄本島とはまた違って、すごい大自然。ちょうど梅雨の時期で、雨がたくさん降っていたけど、海で撮った大事なシーンだけ晴れてよかった」と振り返った。

 「1作目から3作目までは彼女を意識したような恋愛系の作品だったんですけど、バラエティー番組とかでは妹キャラなので、今回はそこもDVDに詰め込みました。ひよこの水着を着ているシーンがオススメです。喋らずにずっと『ぴよぴよ』って言っています」

 自慢のIカップが楽しめるシーンについては、「全部のシーンで楽しめる」ときっぱり。「揺れています。胸の形や柔らかさが2年前と違って柔らかくなりました。柔軟がきく胸になって、わりとポロリはしなかったです」と笑顔。

 16日に22歳の誕生日を迎える天木。「“童顔ロリ巨乳”とみなさんに言ってもらっているので、まだ歳は取りたくない…というか、心は老けたくないので、年齢はあがりますけど、ずっと『2次元ボディーの天木じゅんちゃんです』って妹キャラでいさせて下さい」とファンに呼びかけた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう