記事詳細

セクハラ大物Pがハリウッド追放 映画界では「公然の秘密」、アンジーらも被害

 ハリウッドに激震だ。米映画芸術科学アカデミーは14日、理事会の緊急会合を開き、女優やモデルなどへのセクハラ疑惑が伝えられた米ハリウッド映画界の大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン氏(65)の会員資格の剥奪を決定した。

 同アカデミーは、アカデミー賞を主催。資格剥奪はワインスタイン氏の映画界からの事実上の追放を意味し、米メディアは「前例のない厳しい措置だ」と報じている。

 ワインスタイン氏は映画「恋におちたシェイクスピア」(1998年)で、プロデューサーとしてアカデミー賞を受賞するなど、多くのヒット作を生んでいる。

 しかし、米紙ニューヨーク・タイムズが5日、セクハラ疑惑を報じたのを機に報道が過熱。8日には自ら創業し、会長を務めていた映画会社を解雇されている。

 本人は疑惑を一貫して否定しているが、映画界では「公然の秘密」だと伝えられており、アンジェリーナ・ジョリーやグウィネス・パルトロウら複数の女優やモデルらが被害に遭ったと証言。これまで圧力で記事を握りつぶされていたという記者らも批判を強めているという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう