記事詳細

『仮装大賞』先延ばし 香取慎吾の扱いに日テレ配慮か (1/2ページ)

 かつての正月テレビ番組の風物詩であり、最近も年初めに放送されている『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ系)の地区予選の日程が、10月に入ってもまだ決まっていない(10月16日現在)。9月の定例会見で、日本テレビの福田博之編成局長は「『仮装大賞』は単発番組で次の放送予定も決まっておりません。(キャストも含め)制作過程についてはお答えできません」と通り一遍の返答をしている。テレビ局関係者が話す。

 「1979年の大晦日に紅白歌合戦の裏番組として始まって以降、番組は1年も欠かさず放送されています。最近4年間は年1回ですが、1月か2月にオンエアしており、10月には出場者の募集がないとおかしい時期。言わずもがな、日テレがジャニーズ事務所を退所した香取の扱いをどうするか検討しているんですよ。世間の声も気にしながら、出方を窺っているようです。

 8月放送の『24時間テレビ 愛は地球を救う』では、『仮装大賞』のコーナーが設けられましたが、香取は出演しなかった。この時、既に香取の退所は決まっており、同事務所のタレントがパーソナリティを務める『24時間テレビ』には出しづらかったようです」

 その時、萩本は出演していたが、香取の代わりに指原莉乃が登場するという一幕にネット上はざわついた。香取慎吾は2002年から萩本と共に『仮装大賞』の司会を務めてきた。もともと、萩本が香取の笑いのセンスに目をつけ、自身の番組『よ!大将みっけ』(フジ系、1994年10月~1995年3月)で共演。以来、2人は蜜月関係を築いてきた。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース