記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】連休は経営的に打撃…スナックの窮地はねのける「しのぎ」 (1/2ページ)

 気持ちがいい秋の空だった7~9日の3連休、皆さんは行楽の秋を堪能したことでしょう。しかし、スナックにとって連休は営業ができないので経営的には打撃となります。

 東京・赤坂の「スナック玉ちゃん」も同様です。普段は定休日の3連休に『どうにかイベントを開催して営業できないか』。カレンダーをにらんでそんなことを考えていたその時、函館競輪場さんから「7日に貸切営業させてもらいたい。もちろん当日は玉袋さん込みで」という仕事の発注が来ました。

 函館競輪場で行われているナイター競輪をガチで勝負する私の姿をネット中継で全世界発信するというものです。スナックからの中継ですから、もちろんお酒を飲みながら、競輪のことなど好き勝手なことをしゃべって勝負するわけです。しかも企業からのオファーであれば会場費、そして当日に手伝ってくれる私の若い衆へのギャラも賄えます。この発注を断る理由が私には見つかりませんでした。

 クライアントさまからは「当日、玉袋さんだけじゃなく、お店の常連さんたちをエキストラとして呼んでにぎやかにしてほしい」との注文もありましたから、スナック好き&競輪好きの常連さんに頼み込んで集まってもらいました。

 連休にも関わらず集まってくれたお客さまですから、当日は「ファン感謝デー」として、感謝の気持ちで無料での招待となりました。それも会場費をいただくことができたから実現したのです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう