記事詳細

SKEがバブルを満喫!“ジュリ扇”片手にボディコン軍団とお立ち台でダンス!

 23日深夜に放送された「むすびのイチバン」(東海テレビ)で、SKE48の浅井裕華(13)、高畑結希(22)、佐藤すみれ(23)がバブルなディスコを初体験。“ジュリ扇”(ジュリアナ扇子)こと、羽付き扇子を片手にお立ち台にあがり、ボディコン女性と一緒にバブリーなダンスを披露した。

 この日の3人はロケで岐阜市の柳ケ瀬商店街を訪問。ヘルメットカメラを使って商店街の魅力を伝える企画に挑戦した。

 SKE48の3人と平成ノブシコブシの吉村崇(37)と徳井健太(36)が訪ねたのは西柳ケ瀬にあるナイトクラブ「GROOVE」。かつて「マハラジャ岐阜」として経営されていたディスコで、バブル最盛期には一晩で1000人の若者たちが押し寄せた伝説の店舗だ。

 入り口からフロアまで、まさにバブル期をほうふつさせるゴージャスな作りに感動する3人。吉村も当時流行したフレーズを連呼。無意味に「大、どんでん返し!」と叫び声をあげるなど、興奮を隠し切れない様子だった。

 3人は早速ジュリ扇を使ったダンスに挑戦。「8の字を描くように(扇子を振り)、で、腰を振って~!」とアドバイスを受けたあと、ついにお立ち台へとあがった。BGMの大きさに戸惑いながらも3人はボディコン軍団にまざって堂々とダンスを披露。笑顔で「柳ケ瀬、サイコ~!」絶叫し、番組を盛り上げた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース