記事詳細

香取&首相、衝撃ツーショットの意味 絶妙タイミングに芸能関係者「今後の活動が保証されたようなもの」 (1/2ページ)

 有無を言わせぬツーショットだった。東京・表参道で開催中のアート展に10月30日、安倍晋三首相が来場し、同展に作品を出している元SMAPの香取慎吾(40)と、がっちり握手するツーショットを披露したのだ。いったいこれは何を意味するのか。

 安倍首相が訪れたのは、日本財団が開催中のアート展『DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー』。

 多様な個性を認める社会の実現を目指し、障害者の芸術文化支援が目的の展覧会で、首相が訪問した様子はテレビ各局で報じられ、首相が香取と握手している映像はNHKのニュースでも流された。

 「香取は同展に2作品を出展していますが、この日は安倍首相に作品を説明しました。安倍首相からも『これからまさにアーティストとして活躍されるだろう』と声をかけられました。首相と香取のつながりをイメージさせるには十分すぎました」とスポーツ紙記者。

 日本財団と香取のつながりは、SMAPが2020年の東京パラリンピックを支援する「日本財団パラリンピックサポートセンター」の公式応援サポーターを務めていたことにさかのぼる。

 「独立した3人の新しい所属事務所の代表を務める元マネジャー女史が懇意にしていたのが、財団とかかわりが深い元テレビ局関係者。そうしたつながりからサポーターにも選ばれたようですが、SMAPの解散後も独立3人組を支援するとみられています」と芸能関係者。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース