記事詳細

安室奈美恵、紅白難航の謎 目玉間違いなしも関係者「出場は9割9分ありません」

 9月に“電撃引退”を発表した安室奈美恵(40)。今年のNHK紅白歌合戦への出場も期待されているが、どうにも交渉は難航しているという。「9割9分でないでしょう」との声もあるが、何が起きているのだろうか。

 「NHKは安室の引退が発表されてから間をあけずに紅白出場をオファーしたそうです。昨年はリオ五輪のテーマ曲を歌ったにもかかわらず、結局紅白には出てもらえなかった。安室が出場するとなると、大きな目玉になることは間違いないですから」と音楽関係者。

 しかし別の関係者はこうみる。「安室の出場は現時点では9割9分ありません」。なぜか。その謎をひもとくのは、安室の引退が発表された9月20日にあるようだ。

 「この日公式サイトで午後6時50分に発表する予定でしたが、ほぼ同時にNHKで速報が流れました。10分後の7時のニュースでは過去映像もたっぷりと使われていました。つまり安室側からNHKに情報がリークされていた可能性があるようなのです」とした上で「スクープにすることでNHKに恩返しをしたということでしょうか」と続ける。

 紅白には出ない代わりに、とっておきのスクープとして報じてもらうということか。とはいえ、NHKはまだ交渉を諦めてはいないという。

 「15分という格別の扱いと、200万円以上にもなるNHKとしては破格のギャラで交渉しているとの情報もあります。しかし安室が首を縦に振ることはなさそうです」とマスコミ関係者。

 「安室にとって、紅白がラストステージではないからです。彼女の引退は来年の9月16日。デビューした日にあたります。だから、紅白で大々的に引退セレモニー的な扱いをされても困るのです。それから9カ月間にわたって、ツアーなどを行うわけですから」と続ける。

 大みそかまで、まだ2カ月ある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース