記事詳細

地上波各局は戦々恐々 元スマ3人の「72時間ホンネテレビ」 AbemaTVの視聴数を更新か?

 インターネットテレビ「AbemaTV」で2日夜から始まった香取慎吾(40)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)の「72時間ホンネテレビ」。元SMAPの3人の口からいったい何が語られるのかなど、放送前から反響を呼んでいた。3日間でどれだけ視聴数が上がるのか。地上波各局も戦々恐々としている。

 「ホンネテレビ」は視聴予約数が過去最多となるなど、放送が近づくにつれ、関心も高まっており、AbemaTVの視聴数を更新する可能性がささやかれているのだ。

 「これまでの最高視聴数は今年5月に元ボクシング世界王者の亀田興毅の企画を放送したときに記録した1420万という数字です。このときはアクセスが集中してサーバーが一時ダウンし、番組が視聴できないという状況も起きました」とテレビ誌編集者。

 3人は10月28日、「7・2分でSNSを学ぼうSP」に出演。「7・2分」のタイトル通り、番組は7分12秒で終了したが、この短い時間にもかかわらず、終了時の視聴者数は約16万5000にものぼったのだ。

 「ジャニーズ事務所を退社後、3人が初めて共演したということで、注目されました。72時間テレビの一端が垣間見える内容だったことも大きかったようです」と前出のテレビ誌編集者。

 そして何よりも、この番組に関心を寄せているのが地上波のテレビ各局だという。「3人がどこまで視聴者を取り込むことができるのか。その数字によっては脅威にもなりかねない。今は旧事務所にも気を使っている状況だけに、結果次第では3人の活動の場がさらに広がる可能性もでてくるでしょう」と民放関係者はみる。

 ついに戦いの火ぶたが切られた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース