記事詳細

「めちゃイケ」「みなおか」終了で松本が持論 「とんがったものを作るのはもう不可能に近い」

 5日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、松本人志(54)がテレビ離れが進む現在、バラエティー番組を作ることの厳しさを語った。

 番組では、フジテレビの人気番組「みなさんのおかげでした」と「めちゃ×2イケてるッ!」の放送終了が決定したとの報道を紹介。「めちゃイケ」に関しては、4日の放送で来春での番組終了を正式に発表している。

 これを受けて松本は「あんまり暗い話はしたくないんですけど、作り手側もテレビ離れの意識がね、少し目覚めだすよね。ほんとに大変やわ、テレビで今バラエティーをやるのは」と、テレビ界の現状を悲観。続けて、「いわゆるちょっと攻めた企画は、もう今ほぼできない。やったらやったですごいお金もかかるし時間もかかるし体力もいるし。で、クレームのリスクも高いでしょ?これだけの条件がありながらとんがったものを作り上げていくって、もうほぼ不可能に近いよ」とネガティブな感情を漏らした。

 一方で、この日のゲスト、モーリー・ロバートソン(54)は「ツイッターとかのいわゆる今トレンドしている上位の言葉とかは、たいていテレビ番組。テレビは衰弱した、終わったって言いつつ、みんな結局テレビのこと気にしてずっとツイートしている」ことも事実であると説明。「結局はテレビが主導したテーマにみんな食い付いてるわけで。みんなのテレビへの愛情は、若い人も含めて異常に強いなって僕は思います」と話した。

 いくら話題になったとしても、それが視聴率に反映されるわけではないのも現状。松本は「今は主婦層にハマらなかったら絶対もう視聴率なんか取れないからね。でも僕が面白いと思うことは主婦層の人は全然面白いと思わないみたいやから。まったくかみ合わないんですよ!」と嘆いていた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース