記事詳細

元スマ、ネットTV視聴者数7200万の波紋 「商品価値高めることに成功」と民放関係者 (1/2ページ)

 元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が2~5日の3日間に生出演したインターネット番組「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)。3日間の総視聴数が7200万を超えるという驚異的な数字をたたき出したが、これによって元SMAP3人を取り囲む環境は大きく変わる可能性があるのだ。

 72時間続いた番組のエンディングは、2時間に及ぶ72曲のメドレー。香取と草なぎは解散後もデュエットをバラエティーで披露していたが、3人では初。

 東京都内のスタジオに集まったファンを前に、ウルフルズの「ガッツだぜ!!」や坂本九さんの「上を向いて歩こう」などを熱唱するも、SMAPの楽曲はなかった。

 そして、番組の総視聴数は7200万超を記録。これまでの最高だった元ボクシング世界王者の亀田興毅の企画での1420万を軽く超え、AbemaTV史上最高の数字となったのだ。

 「亀田の番組は5時間だったので、3日間かけて築き上げたこの数字とは単純には比較できないが、それでもこれから先も到達できない数字であることは間違いない。番組も、過去にさまざまに報じられてきたSMAPの内幕をえぐるような挑戦的な内容が多く、ネットニュースでかなり取り上げられたことも功を奏した。この3人が話題性を持っている証左だ」と民放関係者。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース