記事詳細

【泉谷しげるの毒舌コラム オレに言わせろ!】美人ドラマー・シシドカフカとの“競演”なんとも大変なこったい (1/2ページ)

 いんや~、まいった、まいった!

 久しぶりに追い込まれてるなぁ。特に11日に開催する東京・上野のおかちまちパンダ広場でのライブがタイヘンなことになってンだよ。

 何せ今をときめく天才女流ドラマー、シシドカフカとのスーパーセッションだからね。オイラがボーカルとリードギターで、ドラムがシシドカフカというガチンコ対決。

 まぁ、対決というよりは「ただ一緒にプレイしたい!」気分で頼んでみたワケだが、オイラのエレキギターのリードギターの実力を疑う空気が日に日にスタッフ内に充満してるじゃねぇか。そのせいか、頼んでた音響担当が急にリハーサルに参加できないとかヌカしやがって。クビだ、てめー! いやぁ、荒れてまいりましたよ。

 「できもしないことに手を出してンじゃねーよ」と、耳もとで悪魔がささやいているがさ、できもしないことをヤれてこそだ。こちとらアクシデントがあるほうが燃えるンじゃー!

 めんどくせえヤツだと笑わば笑え。ニンゲン、得意なことばっかやってたって上達しねえぞ。不得意を克服できてこそだい。めざせ「不本意の勝利」だ。とにかくオイラのバカでかいエレキ音に驚いてもらおうかね。

 それはそうと、肝心のアート作品が間に合うかどうかの時にだ、夕刊フジの原稿催促は今回も無情に粛々とやってきやがって…、やはり荒れるワイ。

 残りあと2作品なのだが、間に合いそうにないかも…。未完成のまま発表ってことになったら、それも面白いか!

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう