記事詳細

飯豊まりえ 「まじウザいんですけど」を言わせたらピカイチ (2/3ページ)

 『マジで航海してます。』(2017年7月TBS系)ではW主演。『居酒屋ふじ』(2017年7月 テレビ東京系)ではヒロイン・鯨井麻衣役。映画『暗黒女子』では清水富美加とW主演と、大活躍。

 そして今放送中の深夜ドラマ『パパ活』(FOD×dTV共同制作 地上波はフジ系 水曜24:55)では大ベテランの渡部篤郎を向こうに回して、19才の飯豊さんが堂々と渡りあっています。

 言葉の中にリズムがある。長ゼリフも滑舌もいい。イキイキと役そのものを生きていている。まさしく自然体の演技、アッパレです。

 ドラマのテーマの「パパ活」とは、「若い女性が年上のパパとデートをし、小遣いをもらう」こと。いわゆる出会い系の一つではありますが、肉体関係はなし、という建前とか。

 ストーリーは……20才の女子大生・赤間杏里(飯豊まりえ)はパパ活サイトを利用するフランス文学専攻の大学教諭・栗山航(渡部篤郎)と知り合う。デートするだけで金銭援助してもらえると一歩踏み出す。

 このドラマの見所は、刻々と変化していく二人の間の微妙な距離感にある。当初20才の杏里にとっては「まじウザいんですけど」「ちょーキモ」、つまり小遣い稼ぎの相手としてしか見ていなかった栗山。しかし、娘を事故で失った、寂しげでどこか空虚な栗山の姿に、杏里の心は微妙に揺れ始め、二人の距離が変化していく…。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース