記事詳細

綾瀬はるか、シリーズ完結編で「アクションシーンが楽になった」

 女優、綾瀬はるか(32)が13日、東京都内で行われたNHK主演ドラマ「精霊の守り人 最終章」(25日スタート、土曜後9・0)の取材会に出席した。

 足かけ3年撮影した同シリーズの完結編。短槍使いの女用心棒役の綾瀬は華麗なアクションシーンを披露してきたが、「最終章ではアクションシーンが楽になった。物足りないな、これでいいのかなという感じになりました」と余裕の笑顔。「ハンサムウーマン的な役はいいですね!」と充実感をにじませていた。共演の高良健吾(30)、鈴木亮平(34)も出席。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう