記事詳細

石田ゆり子 3人の男との共演に往年ドラマファンザワつく (1/2ページ)

 アンケートサイト『ボイスノート』が行った「秋ドラマ『恋人にしたい女優』ランキング」で、同率1位の松岡茉優(22才)と綾瀬はるか(32才)に続き、本田翼(25才)と並んで3位に石田ゆり子(48才)が食い込んだ。

 1回りも2回りも年下の女優たちと肩を並べても見劣りしない魅力をもつ石田は、「奇跡のアラフィフ」の呼び声も高い。昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)以来ドラマに雑誌に引っ張りだこで、現在は、篠原涼子(44才)主演の『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)に、子育てと仕事に奔走する元新聞記者役で出演中。

 そして、来年1月クールの木村拓哉(44才)主演ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)に、厚生労働大臣役で出演する。

 「拳銃などの武器を持たず要人を守るボディーガード(BG)の世界を描いた作品で、木村さんの同僚を斎藤工さん(36才)、ライバルを江口洋介さん(49才)が演じます。彼らが命を賭して守るのが、石田さんというわけです」(芸能関係者)

 だが、往年のドラマファンたちは石田と「3人の男たち」の名前に心のザワつきを抑えられない。なぜかというと、石田はそれぞれと「恋の過去」があるから。

 トレンディードラマ最盛期。主役の2人以上に気になったのが石田と江口の恋の行方。

 2人は1991年、36.7%の視聴率を記録した人気ドラマ『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)で共演。武田鉄矢(68才)演じる達郎が勤める会社の受付嬢役だった石田に、達郎の弟・純平役の江口が思いを寄せていた。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース