記事詳細

【ぴいぷる】鳳蘭、舞台の上の褪せぬ輝き「天職だなぁ」 宝塚は夢の花園…後輩に必ずアドバイス「だまされるな」 (1/3ページ)

 愛と旅立ちの感動の名作ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』が日本初演50周年を迎え、記念公演が12月の東京を皮切りに来年2月まで全国各地で行われる。

 20世紀初頭の帝政ロシア時代を背景に、寒村アナテフカで酪農を営むユダヤ人のテヴィエ一家の運命を、妻のゴールデや5人の娘たちの生き方を通して描く物語。

 世界初演は1964年の米ブロードウェーで、トニー賞の作品賞など7部門を受賞。日本初演は67年で、森繁久彌のテヴィエ役が当たり役になり通算上演900回を超えた。その後、上條恒彦、西田敏行と引き継がれ、21世紀からは市村正親が4代目テヴィエを務めて、今回が5演目の公演になる。

 その妻、ゴールデ役を務める。市村に「最強の女房」といわしめた絶妙の掛け合いが魅力の名コンビで、2009年、13年に続き3演目。

 「4年ぶりに台本を読んだとき、嗚咽したぐらい感動して泣いてしまって…。家族愛、ユダヤ人への迫害や故郷を離れるつらさなど、ほんとに深い内容が込められた作品で、世界3大ミュージカルと言われる意味が改めて分かった気がしました」と、大きな目を見開き、身ぶり手ぶりたっぷりに説明した。

 「ゴールデはかかあ天下の肝っ玉母さんに見えるけれど、市村テヴィエの手のひらの上で動かされているのを感じますね。以前、市村さんに『熱演といわれる役者の芸のなさ』って言われたことがあるんです。私は熱演タイプで情感豊かな演技は得意だけれど、今回は自分だけでなく、より周りを見ながらお芝居するようにしようと思います」と、新たに決意したそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース