記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】ラジオ『たまむすび』オフ会の場になったぞ 「えっ、あなたが○○さんですか?」 (1/2ページ)

 先日のハロウィンの夜、たくさんの仮装したお客さまで東京・赤坂の「スナック玉ちゃん」は大にぎわいとなりました。ゾンビ、アニメキャラ、女子高生、セブン-イレブン店員などなど。皆さんそれぞれに工夫を凝らしての参加です。

 オーナーの私も仮装しました。成人用紙おむつに病院のガウン姿で、片手には茶褐色の液体が入ったガラス製し瓶でフラフラと店内を徘徊(はいかい)します。閉ざされたお店の中でしかできない、死してゾンビになる前の人間の姿です。

 お客さまからは「これからの日本の高齢化社会を映し出すような見事な仮装だ!」と高評価をもらい、夜は更けていきました。

 常連のお客さまたちとの大人のお遊びでしたが、お店としては新しいお客さまも取り入れていかなくてはいけません。先週の金曜日、11月3日の文化の日。TBSラジオのお昼の番組「たまむすび」の公開放送がTBS社屋前の広場で賑々しく行われました。

 共演は番組パートナーである安東弘樹アナウンサー、そして私の番組の前の時間のパーソナリティーで、作詞家・コラムニストの才女、ジェーン・スーさん(カタカナですが日本人です)、美熟女アナウンサーの堀井美香さんと音楽評論家の高橋芳朗さんです。

 このメンバーがステージで歌って踊っての大騒ぎ。会場に集まった両番組の熱心なリスナーの方たちも大満足の生放送でした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう