記事詳細

【ぴいぷる】香西かおり、未来へ繋げる昭和の香り 30周年企画で“怪物”玉置浩二と再タッグ (3/3ページ)

 「私にとっては優先順位のトップが両親で、次に歌、自分のことはさらにその次なんです。多分、これまでもずっとそうだった。だから離婚になったのかもしれません。これから還暦を過ぎて『私、これからどうするんだろう』と、少し不安になったら考えたりするのかな」

 その頃、歌姫はどんなステージに立っているだろうか。

 「昭和の名曲を歌い継ぐ作業もそろそろやってもいいのかなって思えるようになりました。これからもいろんな音楽に関わりながら、1曲でも気持ちや記憶に残る歌を届けたいです」

 昭和から平成、そして未来へ。歩む道は真っ直ぐに続いている。(ペン・磯西賢 カメラ・飯田英男)

 ■香西かおり(こうざい・かおり) 歌手。1963年8月28日生まれ、54歳。大阪府出身。11歳の頃から民謡教室に通い、数々のコンクールで賞を受賞。86年に歌手を目指して上京し、88年に「雨酒場」でデビュー。民謡や演歌、ポップスなど、幅広いジャンルの楽曲を歌う実力派歌手として人気を集めている。主な代表曲は「無言坂」「浮寝草」「酒のやど」など。最新アルバム「香西かおり玉置浩二を唄う」は29日発売開始。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース