記事詳細

【聖林裏表】ジョニー・デップ、法廷バトルの行方は… ケタ違い浪費癖で資産管理会社と訴訟合戦 (1/2ページ)

 俳優のジョニー・デップ(54)が桁違いの浪費癖で首が回らなくなっている。

 米国のエンターテインメント情報サイト「デッドライン」などによると、かつて資産管理を任されていた会社「ザ・マネジメント・グループ」(TMG)が6日、デップがロサンゼルスに所有する5つの邸宅の差し押さえを求める訴訟を起こしたというのだ。

 TMGの主張によると、同社は2012年12月、デップの借金を肩代わりする形で500万ドル(約5・7億円)を貸した。彼の姉で映画プロデューサー、クリスティ・デムブロウスキー(56)も「彼を破産から救う手段」として喜び、利子などを含め返済も行われていたが16年3月を最後に滞っていたという。

 デップは今年に入り、お世話になったはずのTMGに対して「不適切な資産管理、不正行為などで数千万ドルの損失を被った」として、2500万ドルを求める訴訟を提起。TMGは月200万ドルも使う彼の浪費的な生活が問題だと主張していた。

 デップの浪費とはどれほどのものか。

 TMGが明らかにした資料などによると、世界中にある14の邸宅に計7500万ドル、45メートル級ヨットは1800万ドル。ワインの購入に月3万ドル、プライベートジェット月20万ドル、40人の使用人月30万ドル、24時間セキュリティーシステム月15万ドル…。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース