記事詳細

【シネマパラダイス】全編にパンクミュージック満載、大人社会への反発懐かしい「パーティーで女の子に話しかけるには」

 1970年代のパンク少年とレトロな宇宙人少女の刺激的で、ぶっとんだラブストーリー。

 77年、ロンドン郊外。パンクなのに内気な少年エン(アレックス・シャープ)は、パーティーで少女ザン(エル・ファニング)に出会う。エンの大好きなセックス・ピストルズやパンクファッションの話にザンは共感し、2人は恋に落ちる。

 しかし、ザンは48時間後に宇宙へ帰らなければならなかった…。監督は舞台製作者のジョン・キャメロン・ミッチェル。1日公開、上映時間1時間43分。

 【ホンネ】全編、パンクミュージック満載。ライブのオーナー役、ニコール・キッドマンのパンクファッションは、当時の破滅的な生き方の象徴。そこにツルツルラテックス製のレトロ宇宙人ファッションが奇妙に融合。大人社会への反発、時代の熱気、猥雑だがとても懐かしい。(映画評論家・やまがたじゅん)★★★☆

 ★5つで満点 ☆は星半分

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう