記事詳細

クラシック界の巨匠にセクハラ疑惑 METがレバイン停職処分

 米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)は3日、名誉音楽監督でクラシック界の巨匠の一人、ジェームズ・レバイン(74)について、1960年代から80年代にかけての複数のセクハラ疑惑で、停職処分にすると発表した。

 米メディアによると、被害を訴えた男性の一人は15歳だった85年から数年にわたり、セクハラ行為を繰り返されたと主張している。昨年10月に警察に被害を届けた。

 レバインは約40年間にわたり、音楽監督としてメトロポリタン管弦楽団を率い、昨年から名誉音楽監督。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう