記事詳細

クリス・ハートが無期限活動休止、音楽の勉強と育児で 来年4・13に“ラストステージ”

 NHK紅白歌合戦に2度出場した米国出身の歌手、クリス・ハート(33)が来春から歌手活動を無期限休止することになった。音楽の勉強と家族をサポートするための決断だという。

 クリスはカラオケ番組で注目され、2013年に歌手デビュー。同年、松田聖子(55)とのデュエット曲「夢がさめて」で紅白に初出場。14年には中島みゆき(65)のカバー曲「糸」で2年連続出場した。

 今春、日本国籍を取得したが、より音楽の専門的知識を高めたいと考える中で、10月には妻が第2子の長女を出産。家を留守にしがちな歌手生活と並行しながら、学業や家族をサポートするのは困難と判断した。

 来年4月13日の東京都渋谷区のNHKホールが“ラストステージ”となる予定。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース