記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】乙葉、カワイイ若奥さまキャラで再ブレークの予感 消えた右唇下のホクロ (1/2ページ)

 今まであえて触れてこなかったNHK連続テレビ小説『わろてんか』。

 第1回から視聴していたのですが、前半は葵わかな様演じるヒロイン“てん”にあまり魅力を感じませんでした。

 それがここ数週は実にイイ。魅力的です。分析しますと、前半は何があってもひたすら笑顔。トラブルもすべて笑顔で乗り切る。笑顔過多の状態でした。

 いわば砂糖だけ入ったアンコのようで…。

 それが現在は寄席経営、子育て、放蕩(ほうとう)亭主に怒ったり、悲しんだり、と物語が展開中。

 ひとつまみの塩、マイナスの表情が増えたことで、わかな様の笑顔の威力が増しているのです。

 ヒロインはピンチに陥れば陥るほど、物語は面白くなる。

 すでに遅いのですが、姑役の鈴木京香様には、世間がざわつくぐらいの嫁いびりをしてほしかったなぁ、と。

 もう1本注目しているドラマが小泉今日子様主演の『監獄のお姫さま』(TBS系)。

 物語が進行した今、感じるのは、同ドラマは宮藤官九郎氏の脚本を生かす日本を代表するコメディエンヌの夢の共演作だということ。もっと評価されていい作品だと思います。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう