記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】浅野忠信の父がクスリで逮捕、事務所が夜遅くまで取材対応も「ペラペラしゃべるわけにもいかず…」

 「芸能人の親が、子供の人気にあやかって商売で失敗するケースは多い。でも、クスリで逮捕っていうのは、聞いたことがない」

 女性誌記者がそう指摘する事件が起きた。俳優、浅野忠信(44)の父で浅野らが所属する芸能プロダクション「アノレ」の社長、佐藤幸久容疑者(68)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された。

 「フジテレビが5日昼のニュースで報じ、マスコミが一斉に動き出しました。『ミヤネ屋』は容疑者名を『“浅野”幸久』と誤報していました」と前出・女性誌記者。

 取材先は所属事務所、逮捕現場、容疑者の自宅など。「所属事務所は夜遅くまで取材対応をしていましたね。ただ、社長のことをペラペラしゃべるわけにもいかず、おかしな様子などは一切なかったとありきたりな回答でしたけどね」とテレビの情報番組ディレクター。

 テレビやスポーツ紙では浅野がふびんだという同情論が強くにじむ。

 「佐藤容疑者が逮捕された翌日、いわゆる“CM女王”が発表された。3年ぶりにクイーンに返り咲いたのは、タレントのローラ。父親が2014年10月に詐欺罪で逮捕されてもCMに起用され続けた。親の犯罪は度合いもありますが厳しい世論が向かないということはあると思います」(PR会社プロモーター)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース