記事詳細

【みうらじゅん いやら収集】「いやらしい目で見て」歴代のボンドガールがトランプ化 床に並べるとちょっとしたボンド気分 (1/2ページ)

 女の人をいやらしい目で見てはいけないと教わったことはないけど、いやらしい目で見てるとどうやらそれは“セクハラ”になると現在では決まったらしい。

 でも、女の人の中にはいやらしい目で見てもらってもいいという人が存在して、昔っから男性諸氏の目を楽しませてくれているのである。

 僕が初めて知ったそんな人は映画『007』シリーズに出ている通称“ボンドガール”と呼ばれてた人で、ジェームズ・ボンドが彼女たちとイチャイチャしてるとこの“お零(こぼ)れ”がまた、映画の魅力の一つだった。

 “ナイスバディ”なんて言葉はあったけど、実際にはまだお見かけすることがなかった昭和の日本にあって、007シリーズ第一弾『007/ドクター・ノオ』(当時の邦題は“007は殺しの番号”)に突如現われたボンドガール。役どころは“海女”と映画雑誌には紹介されてたけど、白いビキニ姿(確かに水着の腰にはナイフが入ってた)は鼻血モノであった。しかも彼女(ウルスラ・アンドレス)は直履きで、水に濡れた白いビキニの股間は“キューッ”と食い込みも鮮烈! 中学生の時、リバイバル上映で観たのだが一体、何のために勉強をしているのかサッパリ分からなくなったものだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう