記事詳細

『ドクターX』秘書役2人が生瀬と米倉から助言されたこと (1/2ページ)

 長寿番組にもかかわらず、全ドラマの中で視聴率の上位もキープし、衰えない人気ぶりを見せつけているドラマのひとつである『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系・毎週木曜夜9時~・12月まで放送予定)。同ドラマで3代目秘書・関ヶ原朋子役の内藤理沙と4代目秘書・白水里果役の田中道子が、『ドクターX』を語り合った。

 内藤「出演が決まったときは、まずうれしい!っていう気持ちで、でも次第に不安になってきました。大丈夫かなって」

 田中「私もです。プレッシャーで、2週間くらい胃を壊しちゃって(笑い)。ドラマの大ファンでずっと見ていたので、ドラマのイメージはあるんですが、秘書は毎回異なるキャラクターだから、これまでの世界観を壊さないようにしつつ、自分なりの秘書像を作らなきゃいけない。すごく難しかったです」

 内藤「初めての大きな役どころだったので、小道具の使い方からなにからまったくわからなくて…。大御所のかたばかりの現場なので、アドリブもどんどん出てくるし、ついていくのに必死でした」

 田中「西田(敏行)さんは本当にアドリブがすごい! あるシーンで、よろける西田さんを支えるというのがあったんですが、西田さんが『ネクタイ緩めて』とか『ベルトを外して』とか言い出して。もうどうすればいいの!?という感じでした」

 内藤「その気持ちわかります(笑い)。でも、現場の皆さんはとてもやさしくて、役者さんだけではなく、メイクさんなどスタッフさん含めて長年続けてきているチームだったから、次第に楽しむことができるようになりました」

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース