記事詳細

【聖林裏表】レオ様、甘いマスクと裏腹に高圧的な秘密保持の要求 LA紙が報道「あまりに行き過ぎだ」 (1/2ページ)

 「僕のそばで働けるとしたら秘密を守れる?」

 オスカー俳優、レオナルド・ディカプリオ(43)からこう問われたら、あなたはすぐにOKするだろうか。こんな想定を思い浮かべてしまう取り決めの存在が、米紙ロサンゼルス・タイムズによって報じられた。

 それによると、レオ様と彼の会社「グリーンアワー」は関係者に、彼の私的情報だけでなく「映画製作の過程などにおいて不快を催す、不適切な事柄」について公にしないよう求める文書に同意するよう求めていた。

 さらには映画製作との関連とは関係なく、(仕事上の)ハラスメント、プライバシー侵害、精神的な苦痛について、レオ様と会社を訴える権利を放棄するように求めていたという。

 甘いマスクとは裏腹の高圧的な要求だが、同紙は「ハリウッドでの守秘義務、秘密保持の一例に過ぎない」として、明らかになった文書が氷山の一角に過ぎないことを指摘している。

 ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン(65)のセクハラ疑惑を告発した女性たちもこうした合意をさせられており、「ハリウッドで仕事を得るには秘密保持の同意が常識となっている」(同紙)ようだ。

 それを裏付けるように同紙は、成功した企業家が起業家を品定めして投資の可否を決める米人気番組「シャーク・タンク」のプロダクションの文書では、番組の出演者やアイデア、エピソードを秘密とするべき情報として挙げられていたとしている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース