記事詳細

“AKB紅白”で感じた可能性…グループに必要なのは課題 きくちP生歌修行がメンバーの目的意識を変えた (1/5ページ)

 2017年という1年はアイドルグループAKB48にとって一体どんな年だっただろうかー。長い間、グループをけん引してきた小嶋陽菜(29)や渡辺麻友(23)が卒業し、ついに第1回選抜総選挙の“初代神7”が公式プロフィルから姿を消した。この事実は間違いなく大きいが、最大のトピックとして、公式ライバルである乃木坂46が東京ドームコンサート2日間を実現させ、“観客動員で敗北を喫した”ことが挙げられる。その原因とはなんなのだろうか?トレンドの移行、ルックスの差異…。理由は多々あるだろうが、最大の要因は“目的意識”の差ではないだろうか。

 AKB48の2017年を振り返りながら、彼女たちが今後進んでいくべき道について探っていく。(zakzak編集部)

■ラスボスを倒した状態

 乃木坂46は、かつてのAKB48がそうだったように、各メンバーが個性を発揮し、ソロ活動で知ったファンがグループにフィードバックされ、応援するという好循環が起きている。個人の成長とグループを大きくするという目的が両輪となっており、その力が今の乃木坂46を突き動かしているのだ。

 一方のAKB48はどうか。一部ファンの間では「1度ラスボスを倒したRPGを延々レベル上げだけしている状態」とも言われている。11、12年には「日本レコード大賞」を2年連続で受賞し、13年にはAKB48と姉妹グループが日本武道館で4日間に渡りライブを開催したほか、福岡、札幌、大阪、名古屋、東京の5都市でドームコンサートツアーも達成。翌14年もグループとして3日間の東京ドーム公演を行っている。アイドルとしてあらゆることをやり尽した彼女たちに対し、その現状をうまく表現したのが、先のファンの言葉だろう。

 そんな中、今月のAKB48グループに新たな試みが投下された。まさに壮大な実験とも思えたのが10日、東京ドームシティホールで行われた「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」だった。このイベントはAKB48年末恒例の企画だが、今回は演出を「FNS歌謡祭」や「HEY!HEY!HEY!」など、フジテレビで数々の音楽番組を手がけてきたきくち伸プロデューサー(55)が担当。“生歌”にこだわるきくちPらしく、メンバーがガチンコの“歌”を披露した。結果、例年以上に歌合戦色が濃いイベントとなり、ファンや審査員らを驚かせ、そして喜ばせたのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース