記事詳細

【テリー伊藤 狸の皮算用】「すげーオンナ」野村沙知代さんとのご縁 ピンピンコロリ、最後の最後までサッチーらしかったね (1/2ページ)

 サッチーこと野村沙知代さんが初めてテレビのコメンテーターを務めたとき、私もすぐ隣の席に座って聞いていた。その鋭くて強烈なコメントに、「すげーオンナが出てきたな」と思ったものだ。

 その後、1999年の浅香光代さんとの「ミッチー・サッチー騒動」でバッシングを受けていた最中に、東京・田園調布の豪邸に伺って、夫で南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也さんの話も含め、いろいろなエピソードを聞いた。

 さらに、2001年には、私が沙知代さんにインタビューして「周りが敵ばかりでもしたたかに生きていける“サッチー流厚顔精神”」を探り、『どうすれば、言いたいことが言える自分になれるか?』という共著に残した。

 強い自分になる秘訣(ひけつ)や、いじめに負けない強い子どもに育てる秘訣など、「常識なんて関係ない」とほえるサッチーの毒がいっぱいつまった本に仕上がった。

 サッチーはその年の暮れに法人税法違反(脱税)などの疑いで東京地検特捜部に逮捕され、懲役2年、執行猶予4年の判決を受けた。有罪判決の翌年の03年正月に私もレギュラー出演する『サンデー・ジャポン新春SP』(TBS系)でテレビ番組に復帰。こうして振り返ると、私なんかともけっこう縁があったんだね。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう