記事詳細

突然番組を謎の降板…テレビ大阪・庄野アナのヒド過ぎる評判 歓楽街で殴り合い、既婚も相席居酒屋で女性口説き… (1/2ページ)

 突如、謎のレギュラー番組降板となった関西準キー局、テレビ大阪の庄野数馬アナウンサー(31)。同局は理由として「就業規則違反の疑いがあるため」としているが、イケメンで知られる同アナに、一体何があったのか。

 庄野アナは20日、レギュラーの報道番組『ニュースリアル』(午後5時15分)に通常通り出演したが、その後、降板が発表された。

 日中は他のスタッフともフランクに会話をしていたといい「特段、深刻な様子は見られなかった」と同局関係者。

 事態が一変したのは番組終了後。庄野アナは打ち合わせを欠席。同じく局の幹部も途中で退席したという。その後、報道セクションのスタッフに局幹部から降板する旨の説明があったという。

 実はこの日、在阪マスコミ各社に、同局役員の実名と庄野アナが処分を受ける旨が書かれた怪文書が出回り、そこから局側へ問い合わせが相次いだのだ。だが、同局が正式に発表したのが20日夜だったため、「多くのスタッフはネットニュースで知った状況。21日にも何の説明もなく、局内は混乱している」と先の関係者は頭を抱える。

 突然の降板となった庄野アナだが予兆はあったようだ。別の関係者は、庄野アナが“トラブルメーカー”だったと証言する。

 「以前も出勤したら体に傷があり、周りが指摘すると『嫁はんとケンカしたんや』と笑っていたが、実は歓楽街で一般人と殴り合っていたことが後に判明した」

 現在は前職の山口放送時代に出会った年上女性と結婚、男児もいる身だが「同僚と相席居酒屋に行くことがちょくちょくあった。席上で女性を口説いたり、自分がイケメンアナウンサーであることをひけらかすことも多く、局内での評判はガタ落ち」と明かす。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース