記事詳細

【立川志らべ CS・BS 今週の狙い撃ち】いいやつだと思っていたのに! リアルなCGと人間ドラマが融合「キングコング:髑髏島の巨神」 (1/2ページ)

★「キングコング:髑髏島の巨神」<スカパー!BS200 スターチャンネル1、12月30日(土)午後6時45分>

 30日午後6時45分からスカパー!スターチャンネル1プレミアムで放送されるのが、「キングコング : 髑髏(どくろ)島の巨神」です。

 今年の初め、この映画の予告編を映画館で見ました。でもその当時、ナイーヴな気持ちで満ちていた私は、「今さらキングコングってこともないでしょうよぉ」などと思っておりました(気持ち、荒んでますなあ)。去年日本で公開された「シン・ゴジラ」のデキがあまりにも素晴らしかったことが影響していたのかもしれませんなあ。

 しかし、この作品は見たほうがいいです。面白いです。

 ベトナム戦争の終焉が近づく1973年。太平洋に浮かぶ孤島・髑髏島に学者やカメラマン、軍人で構成された調査遠征隊が潜入する。未知の生物を確認する簡単な任務のはずだったが、島には骸骨が散らばり、岩壁に血塗られた巨大な手の跡が。やがて姿を現したのは、巨大な守護神キングコング。さらに正体不明の巨大生物が、島を破壊した人間に襲いかかる。人類の敵か味方か不明なキングコングを前に、調査遠征隊は島から脱出を試みるが…。

 物語はいろんな側面を持っています。まずはキングコングの強さが際立ちます。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース