記事詳細

早見優が子宮筋腫を摘出、来年2月いっぱいまで休養 「タイムリーに処置できた」

 タレント、早見優(51)が26日、ブログを更新し、以前から患っていた子宮筋腫が悪化したため、先週摘出手術を受けたことを明かした。大事をとって、来年2月いっぱいまで休養するという。

 早見は子宮筋腫がこの1年でかなり大きくなり、「お腹や腰の痛みが悪化してきたことを医師に相談したところ、年内に摘出しましょう、ということになり、手術を受ける形になりました」と報告。

 今回は腹腔鏡下手術を受けたため「リカバリーも早く、入院も長くありませんでした」と説明。「今回は良い先生に恵まれ、タイムリーに処置できたので良かったと思います」とつづった。

 ただ6~8週間の安静を医師から勧められたため、2月いっぱいまで休養をとるとしている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース