記事詳細

『ドクターX』早くも続編要望で米倉憂鬱 「役のイメージ定着避けたいという思いもあるよう」 (1/2ページ)

 主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)が大当たりの女優、米倉涼子(42)。14日放送された最終回は、今年放送された全ドラマの中で最高視聴率を達成した。しかし大当たりゆえの苦悩が米倉を苦しめているという。

 天才女性外科医、大門未知子の活躍を描く同ドラマは2012年にスタートすると人気を博し、今や米倉の代表作の一つにもなっている。

 今年10月から放送された第5期シリーズも高視聴率を連発し、今月14日に放送された最終回は平均視聴率25・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。今年放送された全ドラマの中で最高視聴率を達成した。

 「前週には大門の死を予感させる“前あおり”の演出もあり、注目されました。米倉さんも最終話の役作りのために体重を落として役に臨んだそうです」(テレビ誌編集者)

 このヒットぶりにテレ朝内もかなりの盛り上がりを見せているという。同局の局員は明かす。

 「他局と同様、ウチも制作費のかさむドラマへの風当たりは厳しくなっている。実際、『土曜ワイド劇場』が終わり、『日曜ワイド』に移った際も打ち切りが議論されました。その分、『ドクターX』の高視聴率は明るいニュース。『相棒』シリーズ同様、キラーコンテンツとして映画化も期待されています」

 特に局上層部の喜びようは半端ではなく、早くも続編を要望しているというが、意外な障壁があるとか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース