記事詳細

水卜ちゃんは「肉米肉米」 滝沢カレンの絶妙ネーミングセンスにネット大盛り上がり

 独特な日本語センスでブレーク中のモデル、滝沢カレン(25)がつけた日本テレビの水卜麻美アナ(30)の愛称が絶妙すぎて、ネット上をざわつかせている。

 ハーフタレントながら日本語しか話せないにもかかわらず、妙な言葉遣いの多い滝沢。漢字四文字でタレントを表現するセンスが独特すぎて話題を集めている。例えば黒柳徹子を「早口国宝」、出川哲朗を「職業激痛」と言い表したのだ。

 25日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)にVTRゲストで出演し、番組レギュラー陣を漢字四文字で表現。加藤浩次を「朝活将軍」、近藤春菜を「大幅出演」と表す中、水卜アナは「肉米肉米」(にくこめにくこめ)と言い放った。

 滝沢は、水卜アナについて「よく食べる方だというのは知っていた」とした上で「肉の後連続で肉は食べないと思う」と解説。これに対し、ネット上では「ピッタリじゃん」「当たってそう」「天才的」と大盛り上がり。なぜか、否定する声は見られなかった。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース