記事詳細

【産経プラスコラム】バイきんぐ西村瑞樹の暇とY談と私(1)

 暇な時に僕はジグソーパズルをやる。本当に気が向いた時だけなので年に2、3回くらい。年に2、3回なら結構やっている方ではないかと思う人もいるでしょうが違うのです、僕はまだ完成してない1000ピースのジグソーパズルを年に数ピースずつ、気が付けば14年という気が遠くなるほどの時間をかけてやっているのです。

 1日1ピースやるだけでも3年で完成しますからね。完成させる気が無いだろ?とよく言われますが14年の間コツコツ数ピースずつやっているし、その間4回引っ越ししてその度に毎回作りかけのまま梱包しては開梱を繰り返し、ホコリがかぶればパズルを吸い込まないように掃除機をかけ、謎のちぢれ毛が紛れ込めば丁寧に取り除き、それはもう大事に扱っているのです。いつか完成するのを夢見て。

 買った時は一目惚れでした。百獣の王ライオンが中心にいて象やキリンにゴリラなど動物園で見かける動物たち30頭くらいが向かってくるような絵で何かを訴えかけてくるんです。

 それに14年も経つと思い出もたくさん詰まっています。その間付き合っていた彼女にはみんな手伝ってもらいました。東京ラブストーリーのカンチとリカみたいに。なんなら仮初めの一夜を過ごした女性も数ピースほどハメています。

 余談ですが作りかけのジグソーパズルの下は何かを隠すのには最高に適した場所なんです。崩してしまったらどうしようという思考が働くので家族も敬遠するんです。なので是非ともジグソーパズルを始めてもらって青少年にはエロ本を、奥様方にはヘソクリを隠してもらいたい。

 そして最後に、気になるジグソーパズルの完成はいつになるのか? 答えるならばあのサグラダファミリア設計者ガウディが言い残した言葉がしっくりくる。

 「神は急いではいない」

         ◇

 このコラムは2016年12月14日にニュースアプリ「産経プラス」に掲載したものです。産経プラスで好評連載中の【バイきんぐ西村瑞樹の暇とY談と私】は隔週土曜日更新です。産経プラスのダウンロードはこちらから↓。

産経プラスをapp storeでダウンロードする  産経プラスをgoogle play storeでダウンロードする

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう