記事詳細

白石、桜樹、飯島、小室、森下…90年代セクシー女優の思い出 (1/3ページ)

 これまで世に出された「アダルトビデオ」は累計50万作品超、出演した女優は実に15万人にものぼる。その中で「ナンバー1」の女優はいったい誰なのか--。そこでAV黎明期の80年代から現代までを年代ごとに分け、それぞれに「ナンバー1」を決定した。投票したのは、40~60代の男性1000人だ。「AV全盛期」にあたる1990年代のランキングを紹介する。

 AVの存在が広く認知され、作品数が劇的に増えた90年代はまさにAVの「全盛期」。アイドル級の女優が続々と登場した。その中で堂々1位に輝いたのは白石ひとみ。その美貌ゆえAV以外からのオファーも殺到し、Vシネマや民放ドラマ、写真集などでも活躍。まさにアイドル顔負けの人気を誇った。

 1990年に『官能姫』でAVデビューするも、直後にAV出演が親にバレてしまい強制的に引退。しかし、粘り強く親を説得して復帰した。再デビュー作『新・官能姫』(1991年)は、白石自身が冒頭に空白期の真相を語るなど、ドキュメンタリー仕立ての作品となった。

 その白石に肉薄したのは、「AV界最大のアイドル」と称される桜樹ルイだ。元々アイドル志望で、NHK大河ドラマ『春日局』に出演したこともある桜樹がAVに転じるや、あまりの可愛らしさに人気が沸騰した。ダイヤモンド映像の村西とおる監督が言う。

 「友人がAVの面接を受けるからってその付き添いで僕の所に来たんだけど、一目見て“売れる!”と確信し、その場に現金を300万円積んで口説きました(笑い)。2~3分一緒にいるだけで男を蕩けさせてしまう、そんな空気をまとってたね」

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース