記事詳細

リンゴ・スターにナイト爵位、ビートルズ2人目 ビージーズのバリー・ギブにも

 英政府は29日、エリザベス女王が授与する新年の叙勲名簿を発表、元ビートルズのドラマー、リンゴ・スター(77)にナイト爵位が授与されることになった。長年の音楽への貢献や慈善活動が評価された。

 ナイトになると「サー」の称号の使用が認められる。ビートルズではポール・マッカートニーが1997年にナイトとなっているほか、65年に4人全員が大英帝国第5級勲位(MBE)を得ている。

 スターは40年、リバプールの労働者階級の家庭に生まれた。17歳のクリスマスプレゼントとしてドラムセットをもらったことがきっかけで音楽の道に入り、ビートルズ解散後もソロ活動を続けている。

 また、3人兄弟のポップグループ、ビージーズのバリー・ギブ(71)にもナイト爵位を授与。ビージーズはオーストラリアでデビューし、70年代のディスコブームをけん引した。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう