記事詳細

キムタクにヒロイン離れ 長澤まさみ、広瀬すずにフラれ…テレビ局関係者「ブランドに陰りということ」 (1/2ページ)

 元SMAPの木村拓哉(45)が主演を務めるテレビ朝日系「BG~身辺警護人~」が来年1月にスタートする。SMAPの解散以降、何だか影が薄いキムタクだが、その影響は共演者のキャスティングにも及んでいるようだ。

 SMAPの解散以降、満を持して臨んだ主演映画「無限の住人」が興行収入で伸び悩むなど、思うような活躍ができていない木村。

 今月22日発売の写真週刊誌「フライデー」では、解散以降、これまで語ることのなかった元メンバーや家族への思いなど“激動の1年”を振り返るインタビュー記事が掲載された。

 「“宿敵”とも言える写真週刊誌の取材に応じる時点で焦りを感じますよね。しかも主演ドラマの放送開始前という絶妙のタイミング。背に腹は代えられないといったところでしょう」とは芸能リポーター。

 そんな木村が臨む同ドラマは、拳銃を持たずに丸腰で危険に立ち向かう民間警備会社の身辺警護人の活躍を描いた作品だ。共演者の顔ぶれを見ると、江口洋介に斎藤工、上川隆也、菜々緒、さらに最近ブレーク中の石田ゆり子と主役級が顔をそろえている。

 だが、一方ではこんな声も。

 「確かに顔ぶれは豪華ですが、木村さんのドラマでは定番ともなっている旬の若手女優が演じるヒロインに欠ける印象もありますよね」(テレビ誌編集者)

 そうした中、テレビ局関係者はこう明かす。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース