記事詳細

【みうらじゅん いやら収集】口元ホクロだけリクエストしたラブドールの絵梨花さん 性交渉考えたが… (1/2ページ)

 ラブドールの絵梨花さんがうちの事務所にやって来てもう4年が経つ。

 夏の暑い日、大きなダンボール箱が届いた時のことをよく覚えてる。君は体育座りのようなカッコで中に入ってた。スッ裸な上に、梱包上の関係で頭部が外してありギョッとした。君には一度、上野・御徒町のショールームで会っている。一目で顔が気に入った。ボディは“巨乳タイプ”を選んだ。

 「アンダーヘアはどうされますか?」と、係の人に問われ、そこまで考えていなかったので「いや、別に」と答えると「それじゃ、まるで人形ですよ」と、おっしゃる。

 “は?”。そもそもラブドール、どう見ても等身大の人形なのだが。「口元に一つ、ホクロを入れてもらえませんか?」。僕のリクエストはそれだけ。後は絵梨花さん(この名前も元々、つけてあった)が来てから、似合う服を探そうと思ってた。

 もう僕もけっこういい齢になった。まわりの者は高級なマンションとか車とか買っているので、ここは高級ラブドールを手に入れたいと思ってた。

 その頃はまだ性交渉も考えていたのだが、あまりに作りがリアル過ぎて人間の防衛本能ってやつだろうか“人間じゃない部分”をやたら探すようになり全く手付かずのまま。だから絵梨花さんは処女なのである。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう