記事詳細

【ぴいぷる】還暦過ぎても好きな事やってWAHAHA人生、柴田理恵「今年はまとめの1年にしたい」 (1/3ページ)

 WAHAHA本舗の看板女優であり、コメディエンヌ、タレントとしてもマルチに活躍。来月からは同じ劇団の佐藤正宏との2人芝居「LOVE STORY」が始まる。

 「昨年、劇団(WAHAHA本舗)の全体公演が一応完結。自分たちがやってきたことを再検証して次に進むために、このお芝居を16年ぶりに復活させたんですよ」

 劇団を結成して3年がたち、個々の活動が増えた頃。佐藤と酒を飲みながら「2人で芝居をやりたいね」と話したことから企画はスタートする。

 「男と女の芝居なのだからラブストーリーがいい。美男美女ばかりが恋愛するわけじゃないだろう。私たちなりのストーリーがあるのでは…」

 映画のタイトルをモチーフに3本立てのオムニバス・コメディーにした。

 「悲恋や深刻な恋もあるけれど、ハッピーエンドで終わるお話にしよう」と約束事を決めていたが、男女の恋愛という枠を超えて、人類愛や神秘的な愛の話に広がり、12公演48作品を上演。2002年まで14年間続いた。

 「30代から40代だった私たちが一巡りして還暦手前。気がついたら、同世代の独身者がこんなに多いと思いませんでしたよ。なかなか恋愛ができない時代に大人の恋愛は、若者の恋愛より生臭くない清い純愛かもしれません。若さと勢いは衰えても、実のある大人の力で作品を魅せたい」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース