記事詳細

【大人のTV】長崎・五島列島で“笑いの神”降りてくるか テレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」 (1/2ページ)

★「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京、20日午後7時54分)

 かつては抱かれたくない男ランキングの常連だった出川哲朗(53)だが、いまや好感度タレントとなり、バラエティーやCMにも引っ張りだことなった。

 番組は、そんな出川の冠番組であり、出川と一般人との触れあいをみているうちに、好感度タレントとなったワケが垣間見えてくるから面白い。

 内容としては、行く先々の軒先で充電をさせてもらいながら、150~200キロの道のりを電動バイクで旅をするというもの。出演者も出川とゲスト、小太り気味のディレクターと最小限。

 まさにテレビ東京らしい番組ともいえるが、どちらかというと、大泉洋をスターに押し上げた『水曜どうでしょう』(水どう、北海道テレビ)のような地方ローカル番組的なつくりだ。

 『水どう』が使った、1~2人のタレントと、カメラを自分で回すディレクターという少人数のロケ手法は、いまやキー局のバラエティー番組でも多用されている。本作に限らず、日本テレビ系「旅猿」シリーズなんかもそのひとつだろう。

 ロケといえば、しっかり下見(ロケハン)をして、事前にアポを取って撮影場所を確保するのが当たり前だったが、この手法ならば、低コストなうえ、予想外のハプニングを期待できるので、タレントの素の顔も撮ることができる。そして、あとは編集力がものをいうのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース